FC2ブログ

誰もがやさしく微笑みあえる、その日まで

東日本大震災で被災された方々、心を痛めた方々に送ります。

Reborn-Art Festival 2019(その4)


 今回は「Reborn-Art Festival 2019(その4)」です。
 
 Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。
 お祭りを通じて、『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことを目指しています。

 会期:2019年8月3日(土)~9月29日(日)
 会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
 詳細は、下記のリンクをご覧ください。
 http://www.reborn-art-fes.jp/know



 私は、今年の夏に、Reborn-Art Festivalを見に行きました。
 今回は、小積エリアの印象に残ったアート作品について書きます。
 https://www.reborn-art-fes.jp/area/kozumi



 淺井裕介さんの作品「すべての場所に命が宿る@牡鹿のスケッチ」
 今回の芸術祭で一番気に入った作品。



 貪欲に命をむさぼり食べる、牙を持つ生き物。
 現地で増え続ける鹿のメタファーと感じた。



 牙を持つ生き物をクロースアップで見ると、一つひとつの模様に、別の生き物の存在を感じる。 



 植物であったり、小動物であったり、昆虫であったり。
 生きとし生けるものが、つながっている。



 作品はプレハブ小屋の内壁に描かれていた。
 物語は側壁だけではなく、天井にもつながる。
 遠くから見たり、近くから見たり。
 一つひとつの形やつながりを見ていたら、あっという間に1時間経っていた。



 この作品、今、どこにあるんだろう。
 まだ、現地にあるのかな?
 また、会えるといいな。


 
 以上、「Reborn-Art Festival 2019(その4)」でした。


スポンサーサイト



テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

Reborn-Art Festival 2019(その3)


 今回は「Reborn-Art Festival 2019(その3)」です。
 
 Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。
 お祭りを通じて、『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことを目指しています。

 会期:2019年8月3日(土)~9月29日(日)
 会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
 詳細は、下記のリンクをご覧ください。
 http://www.reborn-art-fes.jp/know



 私は、今年の夏に、Reborn-Art Festivalを見に行きました。
 今回は、市街地エリアの印象に残ったアート作品について書きます。
 https://www.reborn-art-fes.jp/area/ishinomaki


 市街地エリアを見た中で気になったのは、「山形藝術界隈」の作品群。
 パッと見、意味不明な、ナンセンスな、でもクスッと笑える感じがいい。



 展示会場内に放し飼いになっている野良犬たち。



 結構、威嚇感半端ない。
 もちろん動かない作品だけど。



 この作品を見終わって、会場を出るときに、「ん?」と気づいた。
 会場を見守っているボランティアさんが、作品の中にいた!
 話を聞いてみたら、「山形藝術界隈」のアーティストさんとのこと。
 アーティストと直接お話しできるチャンスがあるのも、地方で開催される芸術祭の魅力の一つ。


 
 以上、「Reborn-Art Festival 2019(その3)」でした。


テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

Reborn-Art Festival 2019(その2)


 今回は「Reborn-Art Festival 2019(その2)」です。
 
 Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。
 お祭りを通じて、『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことを目指しています。

 会期:2019年8月3日(土)~9月29日(日)
 会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
 詳細は、下記のリンクをご覧ください。
 http://www.reborn-art-fes.jp/know



 私は、今年の夏に、Reborn-Art Festivalを見に行きました。
 今回は、旧萩浜小学校内の印象に残ったアート作品について書きます。
 https://www.reborn-art-fes.jp/area/momonoura


 中﨑透さんの作品「Peach Beach, Summer School」
 この地域に住んでいた方々のインタビューから生まれた作品。
 海沿いの暮らしを感じさせる展示。



 深澤孝史さんの作品「海をつなげる」
 体育館の広い空間を生かした、砂浜を思わせる展示。



 増田セバスチャンさんの作品「ぽっかりあいた穴の秘密」
 丸太材でラフに作られた展示。
 秘密と言われると、のぞきたくなる。



 作品の中に入るとキラキラがいっぱい。
 増田さんらしい世界が広がっていました。


 
 もう一つ、増田セバスチャンさんの作品「Microcosmos Melody」
 私が訪れた日は、偶然にも小林武史さんがこのピアノを使って演奏しているところを見ることができました。
 曲は、ドビュッシーの「月の光」。



 旧萩浜小学校では、「夜側のできごと」というオールナイトのイベントにも参加しました。
 アーティストの方々の想いが詰まった素敵なイベントでした。



 以上、「Reborn-Art Festival 2019(その2)」でした。


テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

Reborn-Art Festival 2019(その1)


 今回は「Reborn-Art Festival 2019(その1)」です。
 
 Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。
 お祭りを通じて、『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことを目指しています。

 会期:2019年8月3日(土)~9月29日(日)
 会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
 詳細は、下記のリンクをご覧ください。
 http://www.reborn-art-fes.jp/know



 私は、今年の夏に、Reborn-Art Festivalを見に行きました。
 今回は、桃浦エリアの印象に残ったアート作品について書きます。
 https://www.reborn-art-fes.jp/area/momonoura



 桃浦エリアに展示されていたMoWA(The Museum of Wall Art)。
 ロゴは、本家であるMoMA(The Museum of Modern Art)のパクリ(パロディ?)。
 https://www.moma.org/



 Wallとなる防潮堤沿いに作品が展示されている。
 防潮堤の管理者は、目的外の施設が設置されることを嫌がりそうなものだが、よく許可してくれたと思う。



 MoWAには、国内外のアーティストのポップな作品が多く展示されていた。 



 防潮堤の向こうには、水玉模様の作品。



 草間彌生さんの「新たなる空間への道標」
 軽やかに、水たまりに浮かぶ感じが素敵。



 作品群の展示からは、防潮堤が壁となって内と外を隔絶するのではなく、防潮堤も含めて漁港内外が一体となった暮らしを作りたい、という意図を感じた。



 以上、「Reborn-Art Festival 2019(その1)」でした。


テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

瀬戸内国際芸術祭2019(その8)


 今回は「瀬戸内国際芸術祭2019(その8)」です。
 
 瀬戸内国際芸術祭は、「美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内海が地球上のすべての地域の 『希望の海』 となること」を目指し、3年に一回開催されています。
 詳細は、下記のリンクをご覧ください。
 http://setouchi-artfest.jp/about/



 私は、今年の夏に、瀬戸内国際芸術祭に行きました。
 今回は、島巡りについて書きます。



 フェリーから屋島を撮った写真。
 瀬戸内国際芸術祭の楽しみはフェリーに乗れること。
 展望デッキに出て、海風を浴びて、瀬戸内海の景色を眺めると、瀬戸内国際芸術祭に来た!と実感する。



 瀬戸内の海に生きる漁師さんを眺める。


 
 フェリーに乗っていると目まぐるしく風景が変わる。
 雲は流れ、船は行き交い、陽が陰る。



 そして、その時、その場所でしか出会えない風景に出会える。



 あと、瀬戸内国際芸術祭の魅力は、本場のうどんを目いっぱい食べられること。
 今回は高松に泊まったので、うどん三昧でした。
 これは、「めりけんや高松駅前店」の肉うどん+野菜かき揚げ。
 たっぷり、ネギとショウガ、それにすだちをトッピングしました!


 また、香川でうどんを食べたくなりました。
 胃袋をつかまれるとはこのことですね。




 以上、「瀬戸内国際芸術祭2019(その8)」でした。


テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ