FC2ブログ

誰もがやさしく微笑みあえる、その日まで

東日本大震災で被災された方々、心を痛めた方々に送ります。

マウリッツハイス美術館展について


 今回は、マウリッツハイス美術館展について です。

 以下の日程で開催されます。
 ・会期 : 2012年6月30日~9月17日
 ・会場 : 東京都美術館
 開催の詳細は、下記のリンクをご参照ください。
 http://www.asahi.com/mauritshuis2012/about/


 本日、2012年6月30日から始まりました。
 展示の目玉は、なんと言ってもフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」だと思います。
 wikiの「真珠の耳飾りの少女」へのリンク

 「真珠の耳飾りの少女」の模写を描いた時、何度も本物を見たいと思いました。
 今回は絶好のチャンスなので、必ず見に行きたいと思っています。
 
 
 追記
 今回の展示のオフィシャルサポーターは武井咲さんです。
 絵の中の少女と同じ衣装を着て、テレビCMに登場しています。
 その姿を見て、絵の中の少女のイメージとぴったりだと思いました。
 穏やかだけど、力強い目線。
 静けさを感じさせる佇まい。
 彼女の写真をご覧になりたい方は、下記のリンクをご参照ください。
 http://www.asahi.com/mauritshuis2012/supporter/


 以上、マウリッツハイス美術館展について でした。


スポンサーサイト



テーマ:災害ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

以前、泊めてもらったお宅の話 その2


 今回は、以前、南三陸町歌津で泊めてもらったお宅の話 その2です。
 前回の話は、下記のリンクをご参照ください。
 http://norikfc2.blog.fc2.com/blog-entry-167.html


 泊めてもらったお宅には猫が3匹いました。
 ゴールデンウィークに南三陸町に行った際に、その3匹と再会できました。
 今回はそのうちの1匹を撮った写真を紹介します。

 相変わらず、目つきがきついです。


たまに、かわいい仕草をします。
後ろ足で顔をかいたり・・・、


後ろ足を舐めたり・・・。


いろんなことに興味シンシンです。
右を見たり・・・、


左を見たり・・・。


何見てんだよー、とにらまれたりします。


目つきはきつくても、人懐こく、すぐにご飯をおねだりしてきます。

次回は、他の2匹も紹介します。

以上、以前、泊めてもらったお宅の話 その2でした。


テーマ:災害ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

植物の生きる意志


 今回は、植物の生きる意志についてです。
 
 先週末、小雨が降る中、外出しました。
 私は、梅雨は、じめじめしていてあまり好きではありません。
 でも、雨に潤う植物の姿は生き生きしていました。
 おもわず、写真を撮りました。
 後で見直しても、やっぱり植物のエネルギーを感じました。
 植物が生きようとする強い意志を感じました。
 ちょっと、元気をもらいました。





 以上、植物の生きる意志についてでした。



 追記

 日本はどこに住んでいても四季折々の花が見られていいですね。
 今の時期だと、あじさいがあちこちで咲いてそうですね。
 あじさいを見て、実家の庭を思い出しました。
 震災のことを考えると、実家があるありがたみも感じたりしました。


テーマ:災害ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

「3.11 南三陸町歌津」の紹介


 今回は、「3.11 南三陸町歌津」の紹介です。
 津波の証言をまとめた小冊子です。


 先週、南三陸町歌津から郵便物が届きました。
 歌津に行くと、いつもお世話になる方からでした。
 中身を見ると、手紙と、歌津地区の津波のDVDと、小冊子が入っていました。
 その小冊子の名前は、「3.11 南三陸町歌津」でした。

 冊子は、8組の方々の証言集でした。
 地震が発生した日の話、発生から数日後までの話が書かれていました。
 地震発生時にどのように津波から逃げたか、どのように安否確認したか、どのような思いをしたかが書かれていました。

 証言された方の中には、行く度にお世話になっている方もおられました。
 その方がたまに会話の中でポロッとこぼす弱音が気になっていました。
 でも、どこまで踏み込んでいいか分からず、細かい話を聞くことはできませんでした。
 その冊子には、今まで聞くに聞けなかった話が詳細に書いてありました。
 おそらく思い出すのも嫌なことだと思います。
 でも、私個人としては、被災された方の体験を知ることで、少しでも被災されたみなさんの気持ちを理解したいと思っております。
 みなさんの証言をしっかり読ませて頂きました。

 
 なお、この冊子は、”株式会社ゆいプランニング”さんが出版されています。
 詳細は、下記のリンクをご参照ください。
 ”株式会社ゆいプランニング”さん
 「3.11南三陸町歌津」著者うたちゃんのブログ
 

 以上、「3.11 南三陸町歌津」の紹介でした。



テーマ:災害ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

桑田佳祐さんの曲「希望の轍(わだち)」について



 今回は、桑田佳祐さんの曲「希望の轍(わだち)」についてです。


 前回に引き続き、前向きになれる曲の紹介です。
 桑田さんと「希望の轍」については、下記のリンクをご参照ください。
 ・「桑田佳祐」のwikiへのリンク
 ・「希望の轍」のwikiへのリンク

 桑田さんは、昨年9月に宮城県でライブを行いました。
 ライブの名前は、「宮城ライブ〜明日へのマーチ!!〜」。
 震災から半年の節目に、前向きに新たな一歩をみんなで踏み出していけるように、という願いを込めたライブでした。
 詳細は、下記のリンクをご参照ください。
 http://www.sas-fan.net/kuwata_2011summer/

 
 私はそのライブの模様を、WOWOWで見ました。
 その放送の最後の曲が「希望の轍」でした。
 「希望の轍」が始まる直前の桑田さんのMCはこんな感じでした。


”私は、去年一つ命を頂いたような形になりました。
 本当にみんなのおかげです。
 お互い健康に気をつけて頑張りましょう。

 丁度今日で、半年なんですが、震災当初より自分の緊張感が薄らいだかなーって、そんな気が僕の中ではしてたんですが、今日みんなの顔を見れて本当に良かったです。
 今日は私にとっても再スタートの場所を、この東北仙台の皆さんの前でやらせてくれた、スタッフ、そしてメンバーに心より感謝します。
 どうもありがとう。
 また帰ってくるからね。
 ありがとう。

 あきらめないで、なにごとも。
 無理しないで何もかも。
 人生を楽しんでください。

 俺と一緒にみんなで元気になろうぜの会。
 最後にみんなで歌いませんか。
 最後にみんな、大声で歌ってください。”


 そして、ピアノの前奏。
 弦楽器がそれに続く。
 そして、桑田さんが歌いだす・・・。

 私がこの曲から受けるイメージはこんな感じです。

”季節は真夏。
 カンカン照り。
 江ノ島の海岸沿いを走っていく。

 国産のガタが来た車が走っていく。
 エンジン全開で走っていく。
 音楽をガンガンかけて走っていく。
 窓を全開にして走っていく。
 熱風を浴びて走っていく。

 まっすぐ続く道を走っていく。
 遠くに見える陽炎に向かって走っていく。
 前だけを向いて走っていく。
 夢を乗せて走っていく。
 何の迷いもなく、ただひたすら走っていく。”
 

 ちなみに、WOWOWのエンディングの曲は「明日へのマーチ」でした。
 この曲も好きな曲です。
 聞いているとじんわりしてきます。
 


 以上、桑田佳祐さんの曲「希望の轍(わだち)」についてでした。




テーマ:災害ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

次のページ