FC2ブログ

誰もがやさしく微笑みあえる、その日まで

東日本大震災で被災された方々、心を痛めた方々に送ります。

Reborn-Art Festival 2019(その4)


 今回は「Reborn-Art Festival 2019(その4)」です。
 
 Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。
 お祭りを通じて、『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことを目指しています。

 会期:2019年8月3日(土)~9月29日(日)
 会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
 詳細は、下記のリンクをご覧ください。
 http://www.reborn-art-fes.jp/know



 私は、今年の夏に、Reborn-Art Festivalを見に行きました。
 今回は、小積エリアの印象に残ったアート作品について書きます。
 https://www.reborn-art-fes.jp/area/kozumi



 淺井裕介さんの作品「すべての場所に命が宿る@牡鹿のスケッチ」
 今回の芸術祭で一番気に入った作品。



 貪欲に命をむさぼり食べる、牙を持つ生き物。
 現地で増え続ける鹿のメタファーと感じた。



 牙を持つ生き物をクロースアップで見ると、一つひとつの模様に、別の生き物の存在を感じる。 



 植物であったり、小動物であったり、昆虫であったり。
 生きとし生けるものが、つながっている。



 作品はプレハブ小屋の内壁に描かれていた。
 物語は側壁だけではなく、天井にもつながる。
 遠くから見たり、近くから見たり。
 一つひとつの形やつながりを見ていたら、あっという間に1時間経っていた。



 この作品、今、どこにあるんだろう。
 まだ、現地にあるのかな?
 また、会えるといいな。


 
 以上、「Reborn-Art Festival 2019(その4)」でした。


スポンサーサイト



テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://norikfc2.blog.fc2.com/tb.php/792-2b9b8de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)